Windows10でADBコマンドを実行できるようにする方法。

スポンサーリンク

Windows10のコマンドプロンプトで、ADBコマンドを使用できるようにする方法を紹介します。

SDK Platform-Toolsのインストール

ADBコマンド使用するためには「SDK Platform-Tools」必要なのでインストールを行います。

作業手順

1.ダウンロードサイトを開きます。

2.「SDK Platform-Tools for Windows をダウンロード」を押します。

3.「利用規約に同意します」にチェックを入れ、「ダウンロードする」を押します。

SDK Platform-Tools for Windows ダウンロード

4.「platform-tools_rXX.X.X-windows(XX.X.Xはバージョンによって変わります)」を任意の場所に解凍します。

以上でインストールは完了です。次に環境変数を設定していきます。

環境変数を設定する

「SDK Platform-Tools」をインストールしただけではADBコマンドは使えません。
環境変数を設定して「パス通す」という作業を行う必要があります。

この作業を行うことで、ADBコマンドを実行できるようにします。

注意
環境変数の編集はシステムの動作に影響を与えます。注意して作業しましょう。

作業手順

1.スタートメニューを右クリックし、「システム」を押します。

2.「設定」が表示されたら、「システムの詳細設定」を押します。

3.「システムのプロパティ」が表示されたら「環境変数」を押します。

4.「環境変数」が表示されたら、「Path」を選択した状態で「編集」を押します。

5.「環境変数名の編集」が表示されたら「新規」を押します。

6.「SDK Platform Tools」のインストール先を入力します。

SDK Platform-Tools for Windows 環境変数登録

7.「OK」を押して「環境変数の編集」を閉じます。

8.「OK」を押して「環境変数」を閉じます。

9.「OK」を押して「システムのプロパティ」を閉じます。

以上で環境変数の設定は完了です。次は動作チェックを行います。

動作チェック

ADKコマンドが正常に実行できるかチェックします。

作業手順

「コマンドプロンプト」を起動し「adb」を入力します。
入力が完了したら、「Enter」キーを押してコマンドを実行します。

以下のような内容が表示されたら導入完了です。

ADBコマンド 実行結果

以上でADBコマンドの導入作業は終了です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました