Colorbration+でキャリブレーションができない場合の対処方法

ViewSonic製のカラーマネジメントモニターで「Colorbration+」使用した際、ハードウェアキャリブレーションできない場合の対処方法について紹介していきます。

症状

起動時またはキャリブレーション時に「The colorimeter is not found.」と表示される

キャリブレータが認識されていない場合に表示されます。
以下の事項を確認してください。

キャリブレータが対応機種か

使用しているキャリブレータが、以下の対応機種が確認してみてください。

  • X-Rite i1 Display Pro
  • X-Rite i1 Studio
    X-Rite i1 ColorMunki Photo
  • X-Rite i1 ColorMunki Design
  • X-Rite i1 Pro 2
  • Datacolor Spyder X
  • Datacolor Spyder 5 (Windowsのみ対応)

キャリブレーターが対応機種の場合

キャリブレーターが正常に認識されていない可能性があります。

以下の確認事項を実施してみてください。

  • USBポートを指し直すと認識するか
  • 別のUSBポートで認識するか
  • USBハブ、延長ケーブル、変換アダプタを使用している場合、直接USBポートを差し込んで認識するか。
  • 再起動後に認識するか
  • 別のPCで認識するか

選択したモニターがキャリブレーションができない

モニター選択画面で×マークが表示されている場合、正常にモニターが認識されていない可能性があります。

以下の確認事項を実施してみてください。

  • 映像出力ケーブル(HDMI/DisplayPort/D-subケーブル)を指し直してみる。
  • 映像出力ケーブルを別のものに交換する。
  • 一度モニターの電源ケーブルを抜き、10分ほど放置したら電源を入れ直す。
  • 変換アダプターやセレクタを使用している場合、直接映像出力ケーブルを差し込む。※
  • PCの再起動後に認識するか

※一度キャリブレーションに成功した場合、セレクターや変換アダプター経由でも認識する場合あり。

キャリブレーション後の色がおかしい

以下の確認事項を実施してみてください。

  • 「Colorbration+」を最新版に更新する。
  • 「Colorbration+」が最新版の場合は、古いバージョンをインストールする。
  • ソフトウェアキャリブレーションで、正常にキャリブレーションができるか確認する。
  • 別のPCで正常にキャリブレーションが行える確認する。

症状が改善されない場合

故障の可能性があります。ViewSonicやキャリブレータの製造メーカに問い合わせてください。

タイトルとURLをコピーしました