画像圧縮ソフト「Opimage」

画像圧縮ソフト「Opimage」を公開しました。

Opimageについて

Opimage

「Opimage」は画像ファイルを一括で圧縮するツールです。

主な特徴は以下のとおりです。

  • 圧縮エンジンにPNG変換用に「pngquant」、JPG変換用に「mozjpeg」を採用。
  • マルチスレッドに対応※1
  • 高DPI(Per Monitor V2)に対応
  • 自動更新チェックに対応

※1 最大64コアまで対応。

対応形式

以下の形式に対応しています。

入力形式

JPG、TIFF、PNG、GIF、BMP

出力形式

JPG、PNG

動作環境

以下の環境で動作します。

OS:Windows10
ランタイム:.NET 5

ダウンロード

以下のリンクからダウンロードできます。

ダウンロード

ハッシュ(SHA-256)

aa000d2e8b08b7c70cd24b638bacf15da7bfdcce4440237e2bbeeb95f3cee239

操作項目

メイン画面

1.ファイルリスト

画像ファイルの情報、変換結果を表示します。

以下の操作でファイルの追加と削除が行えます。

1.1 ファイルを追加する場合

画像ファイル(JPG、TIFF、PNG、GIF、BMPのいずれか)または、画像ファイルが含まれているフォルダをドラックする。

1.2 ファイルを削除する場合

ファイルリストから削除するファイルを選択後、「Delete」キーを押す。

2.進捗状況

進捗状況を表示します。

3.開始

画像の変換を開始します。

変換後のファイルは、「保存場所\変換元のファイル名.変換形式」に保存されます。

メニュー

1.設定

設定画面を表示します。

2.ヘルプ

1.ヘルプ(Web)

Webヘルプ(本ページ)を表示します。

2.バージョン情報

バージョン情報を表示します。

現在の最新バージョンはVer1.00です。

設定画面

出力設定

1.保存先

保存先のフォルダを指定します。

2.上書き設定

チェックを入れた場合、出力ファイルが既に存在する場合は上書きします。

3.変換形式

変換形式を選択します。以下の形式が選択可能です。

  • JPEG
  • PNG

リサイズ設定

1.リサイズモード

以下の中からリサイズモードを選択します。

モード 説明
画像サイズ『画像サイズ』で設定されたサイズに画像を縮小します。
拡大率『拡大率』で設定されたサイズに画像を縮小します。
2.比率維持

比率を維持した状態で画像を縮小します。

リサイズモードが『画像サイズ』に指定されている場合のみ編集可能です。

3.画像サイズ

画像の幅と高さを半角数字で指定します。

リサイズモードが『サイズ』に指定されている場合のみ編集可能です。

4.拡大率

画像の拡大率を半角数字で指定します。

リサイズモードが『拡大率』に指定されている場合のみ編集可能です。

変換設定

1.品質

JPEG変換時の圧縮品質を設定します。1~100の間で設定で可能です。

画像品質が高くなるほど高画質になりますが、画像サイズが増加します。

2.サンプリング

JPEG変換時のサンプリングを設定します。

以下の設定が選択可能です。

  • 4:2:0
  • 4:2:2
  • 4:4:4

サンプリングが高くなるほど高画質になりますが、画像サイズが増加します。

3.色数

PNG変換時の色数を設定します。2~256色の間で設定可能です。

4.変換速度

PNG変換時の変換速度を設定します。1~11の間で設定可能です。

変換速度が低いほど画像品質が高くなりますが、画像サイズが増加します。
また、変換速度が遅くなります。

5.スレッド数制限

チェックを入れると、変換時のスレッド数を『スレッド数』で指定された数に制限します。

6.スレッド数

変換時に使用するスレッド数を1~64の間で指定します。

『スレッド数』制限にチェックが入っている場合のみ編集可能です。

全画面共通

反映

設定を反映します。

更新履歴

Ver1.00

初版

タイトルとURLをコピーしました