Brother MDS-700DをWindows11で動かす方法

Brother MDS-700DをWindows11で動かす方法について説明していきます。

ドライバーの導入

ドライバーをインストールします。

公式サイトには「Windows11」用のドライバがないため、「Windows8.1 64bit版」のドライバーで代用します。

ダウンロード手順

1.ダウンロードサイトを開きます。

2.「スキャナードライバー」をクリックします。

3.「使用許諾に同意してダウンロード」をクリックしてインストーラーをダウンロードします。

以上でドライバーのインストーラのダウンロードは完了です。

次にドライバーのインストールを行います。

インストール手順

1.ダウンロードした「MDS-700D-inst-64-B1007a-jp.exe」を実行します。

2.解凍先を指定し「解凍」をクリックします。

3.解凍先の「MDS-700D」フォルダ内の「Setup.exe」を実行します。

4.「OK」をクリックします。

5.「次へ」をクリックします。

6.「使用許諾契約書に同意します」にチェックを入れ、「次へ」をクリックします。

7.「全て」をクリックします。

8.「インストール」をクリックします。

9.「次へ」をクリックします。

10.「終了」をクリックします。

以上でドライバーのインストールは完了です。

Mobile Document SCANの導入

純正スキャンソフトの「Mobile Document SCAN」をインストールします。

別途「TWAIN」対応スキャンソフトを導入する場合は導入する必要はありません。

ダウンロード手順

1.ダウンロードサイトを開きます。

2.「Mobile Document SCAN」をクリックします。

3.「使用許諾に同意してダウンロード」をクリックしてインストーラーをダウンロードします。

以上でインストーラのダウンロードは完了です。

次に「Mobile Document SCAN」のインストールを行います。

インストール手順

1.ダウンロードした「MobileDocumentSCAN-inst-B20618-jp.EXE」を実行します。

2.解凍先を指定し「解凍」をクリックします。

3.解凍先の「MobileDocumentSCAN」フォルダ内の「Setup.exe」を実行します。

4.「OK」をクリックします。

5.「次へ」をクリックします。

6.「使用許諾契約書に同意します」にチェックを入れ、「次へ」をクリックします。

7.「次へ」をクリックします。

8.「インストール」をクリックします。

9.「終了」をクリックします。

以上で「Mobile Document SCAN」のインストールは完了です。

動作チェック

1.「Mobile Document SCAN」を起動します。

2.用紙サイズを選択後「スキャン」をクリックします。

3.付属のキャリブレーションシートをセットし、「キャリブレーション」をクリックします。

4.「OK」を押します。

5.適当な用紙をセットし「OK」を押します。

6.「完了」を押します。

7.スキャン内容を確認し問題なければ動作チェックは完了です。

スキャンボタンの挙動を変更する

初期状態ではスキャンボタンを押すと選択画面が表示されます。

直接スキャンソフトを起動するためにPCの設定を変更します。

設定手順

1.コントロールパネルを開きます。

2.「デバイスとプリンタの表示」をクリックします。

3.「MSD-700D」を右クリックし、「スキャンプロパティ」をクリックします。

4.「イベント」をクリックします。

5.「指定したプログラムを起動する」にチェックを入れ、起動するソフトを選択します。

設定が完了したら「OK」をクリックします。

以上で設定が完了です。

タイトルとURLをコピーしました