CubeICEの自己解凍ファイルを日本語化する方法

スポンサーリンク

今回はCubeICEの自己解凍ファイルにパッチを当てて日本語化する方法を紹介します。

日本語化パッチの特徴

対象バージョン

CubeICE 0.10.1βを動作対象にしています。

それ以外のバージョンではパッチが適応されない可能性があります。

その他特徴

自己解凍ファイルが軽くなる

自己解凍ファイルのファイルサイズが約0.95MBほど軽量化されます。

これは、圧縮ファイルに埋め込まれている自己解凍用のプログラムを、日本語化と同時にバージョンアップすることによって実現しています。

ダウンロードリンク

CubeICE-Archives-JPN(CubeICE 0.10.1β用)

ハッシュ:(SHA-2)b5d4ed1d8fc97722da825a6a6309525ced29fcedadf5364771147f400ba3fa7d

操作手順

1.ダウンロードリンクから「CubeICE 自己解凍ファイル 日本語化パッチ」をダウンロードします。

2.ダウンロードしたファイルを解凍します。

3.「CubeICE-Archives-JPN.exe」を実行します。

4.確認メッセージが表示されるので「はい」を押します。

5.CubeICEのインストール先を指定し「OK」を押します。
インストール先をデフォルトから変更されていない方は、「C:\Program Files\CubeICE」を指定すればOKです。

6.「終了しました」と表示されたら「閉じる」を押してパッチを終了します。

以上で日本語化パッチの適応は完了です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました